Business 事業案内

燃料金属部門へのお問い合わせ:燃料金属部燃料金属部門 Fuel & Metal Department

コークス

地球資源を扱う商社として、産業のために。そして地球環境のために。

会社設立時から事業を営む燃料金属部門。製鉄業に不可欠の各種コークスをはじめ、石油製品(ガソリン、重油、軽油、灯油、ジェット燃料など)の販売を事業の柱にしています。またユーザーニーズに応じて、付加価値を高めた製鋼原料や鋼材、鉄鋼製品などを取り扱っています。リサイクルにも力を入れており、電炉メーカーや鉄工所から排出されるスラジやダストを回収。貴重な資源として販売することによって環境にも貢献しています。

炭素・石油分野で誇る競争力

エコ・ステーションコークスは製鉄をはじめ、産業界になくてはならない燃料です。ダイセンでは古くから日本を代表する製鉄所や化学メーカーからコークスを調達し、電炉メーカーや非鉄製錬メーカー、石灰焼成メーカー、化学品メーカーなどに販売しています。近年は中国からの輸入にも力を注ぎ、安定した供給体制の整備に努めています。メーカーとの厚い信頼関係を背景にした品質・供給力は、競合相手にはないダイセンの強みです。石油製品はコスモ石油(株)の特約店として、グループ会社である東亜商事(株)が運営するガソリンスタンドを通じて販売しています。平成11(1999)年には、いち早く大阪ガスの「エコ・ステーション」(天然ガス・スタンド)を設置し、地球環境にやさしいエネルギーを供給しています。また、産業用燃料や潤滑油は工場やホテルなどの需要家に対して販売しています。

伸びる線材、貴重な製鋼原料

線材高炉メーカーや電炉メーカーで生産される線材もダイセンの重要な商品です。同製品は建設用パネル材ALC(軽量気泡コンクリート)に使用されるほか、自動車など広く産業界で原材料として用いられています。溶接材は日鉄住金溶接工業(株) の代理店として、主に鋼管製造向けに販売。その他、石油パイプラインや鉄塔などに用いられ、鋼材をつなぐ副資材として使用されています。両材ともに適切な在庫管理のもと、需要家に対して安定供給を続けています。

循環型社会の創造に向けて、環境を視点に

資源廃棄物燃料金属部門が今、最も重視しているのは、鉄鋼メーカーの製鉄所から出る副正物(資源廃棄物)のリサイクルです。亜鉛や鉛などの貴重な資源の抽出と製品化による活用が、天然資源に乏しい日本にとって重要なことは言うまでもありません。従来から製鋼原料(スクラップなど)の取り組みに関しては、市場の動向を睨みながらタイムリーな回収と市場への供給に注力しています。スクラップは重要な電炉用鉄源。メーカーに対して安定的な供給を推進しています。また、新日鐵住金(株)が全国で稼働させている地方自治体向けごみ焼却施設(ガス化溶融炉)から発生する副産物、溶融メタルを建機・重機用ウエイト(おもり)や非鉄精錬資源として再利用・販売しています。ダイセンは循環型社会の創造のため、さまざまな挑戦に取り組んでいきます。

〈主な取り扱い製品〉 ※青文字の製品名をクリックすれば、詳細がご覧いただけます。

<炭素>

コークス製鉄用・非鉄金属精錬用コークス
電炉用加炭材
石灰焼成用・焼却場用コークス
オイルコークス
ピッチコークス・ニードルコークス

<石油>

燃料油(ガソリン、灯油、軽油、重油) 製造元:コスモ石油株式会社
自動車用オイル(エンジンオイル、ギヤーオイル、グリース他) 製造元:コスモ石油ルブリカンツ株式会社
工業用オイル(農機・船舶用潤滑油、一般工業用潤滑油、油圧作動油、工作機械用潤滑油、金属加工油、
工業用グリース他) 製造元:コスモ石油ルブリカンツ株式会社

<鉄粉・ダスト>

ウェイト材用原料ウェイト材用原料
加炭用補助材
還元用鉄粉
環境対応リサイクル材
製鉄・製鋼発生品(コディショナースラジ、圧延スケール)

<溶接材料・溶接機器>

各種溶接材料
溶接機器“トラックオート-A”、“キャリーボーイ”

<製鋼原料>

線材ヘビー屑、プレス、シュレッダー、新断
ダライ粉、故銑、銑ダライ

<鋼材全般>

鋼板
線材

燃料金属部門へのお問い合わせ:燃料金属部

このページのトップへ